読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koji-xの小部屋

便利なもの、楽しい物、美味しいもの、人生を豊かにするものを紹介。Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

ちきりん X 山下達郎 共通点4「やたら謙虚」

スポンサーリンク

達郎さんもちきりんさんも、ブレイクのきっかけを「運に助けられた」と仰ることが多いです。

1980年前後、ウォークマンやカーステレオが普及し始め、音楽を外で聴くことが出来るようになりました。そういった時期、行楽のお供に、リゾートミュージックとして山下達郎の曲がよく使われたといいます。音楽を取り囲む技術が進化していった時期に、自分の曲が世間の需要とマッチした。ご本人は、ブレイクの要因をそのように分析されています。

また、彼の代表作でもある、永遠の名曲「クリスマス・イブ」に関しては以下のように話しています。

「JRのCMに採用されなかったら、「クリスマス・イブ」は「MELODIES」というアルバムの中の一曲に過ぎなかった。あの曲は作詞、作曲、編曲、演奏、ボーカル、コーラス、それがうまくいった5本の指に入る出来だったが、長らくミュージシャンをやっているものにとって、自身の代表作と呼ばれる曲と、満足のいく曲が一致することは稀で、自分は大変に幸運だった。」

どんな名曲でも日の目を見ない事は沢山ありますが、ミュージシャンからすると特に、自分の中の会心の作がヒットしてくれた喜びというのは格別なのでしょう。

☆☆☆

ちきりんさんも、ブログがたくさんのPVを集めることが出来た要因として、多分に幸運が含まれていた、と書いています。

ブログがブレイクするにはもちろん、口コミが超重要なわけですが、口コミとしてのツールはどんどん変わっていきます。ツイッターが流行りだしたのも数年前ですしね。そして自分のブログが発展していくタイミングで、それらのツールにマッチするかどうか、これは時の運なわけです。

たまたま選んだブログサイトのはてなダイアリーに、「はてブ」機能(当時、注目を集めやすくするための強力なツールだった)が付いていたこと、それによってブレイクし、さらに、有力なツイッタラーに拡散してもらえたこと、また、ツイッターが流行りだした頃にちょうど会社を辞めて、情報発信を増やしていける時期だったこと。これらの偶然がなければ、ここまで大きなサイトにはなっていなかった、とのこと。

☆☆☆

音楽やブログを盛り上げるツールの隆盛、そのタイミングに、ちょうど活動内容がマッチしていたこと。この辺りが共通した運の良さだったのかなと。
もちろん内容が伴わないとどうにもならないんですが、それらが世に浮かびあげられるかどうかは、運によるところも大きい。お二人はそれを強調することが多いように感じました。

☆☆☆おまけ

山下達郎「わたしゃどこにでもいる普通のミュージシャンです。」*1
ちきりん「自分の文章は平易でわかりやすいかも知れないけど、文章力があるわけじゃない。」*2

*1:どこにでもいる普通のミュージシャン「(´・ω・`)」

*2:星新一はどうなるんだ

広告を非表示にする