koji-xの小部屋

便利なもの、楽しい物、美味しいもの、人生を豊かにするものを紹介。Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

炎天下も怖くない!おじさんが差しても恥ずかしくない日傘

スポンサーリンク

日傘がほしい!

今年も暑い夏がやって来ました。
昨今は異常とも思える猛暑が続き、最近は炎天下の中を無防備で歩くことに対し、さすがに危険を感じるようになりました。

そこで、日傘の購入を検討することにしました。
紫外線がどうとか言う前に、暑さ対策として日傘は必須だと思うのです。

男性にとって、日傘は恥ずかしい?

ところが、生まれてこの方、男性で日傘を差している人を見たことがありません。やはりそういう習慣がないのに加え、「日傘は女性が差すもの」という先入観があるので、恥ずかしいのでしょう。

そのせいか、日傘といえば女性物が圧倒的に多く、ピンクだのフリフリのレースだの、いたいけな中年男性が使うには抵抗のあるものばかり。
ただでさえ誰も使ってないのに、そんなの差すのはもはや罰ゲームです。

私ももうアラフォーなので十分おっさんの仲間ですが、周囲に日傘男子が一人もいない状況で、果たして日傘デビューできるのか不安でした。

恥ずかしくない、むしろおしゃれな日傘

そんな中、ネットで必死に探しまわった所、これならまあ大丈夫だろうというのを見つけることが出来ました。

「w.p.c」というブランドが出してる、「遮光チェックリボンmini」です。
やたら可愛らしい名前ですが心配要りません。
チェック模様は目立たないし、リボンもアクセントとしてさりげない感じです。むしろこれなら差したくなるくらいの適度なおしゃれ感。

日傘に求めた条件は、

  • 遮熱性の高いもの
  • 男性でも抵抗なく使えるデザイン
  • 折りたたみ式であること
  • 開閉が楽であること
  • 軽量、コンパクトであること
  • 雨傘としても使えること

です。

遮熱性の高いもの

そもそもの目的が暑さ対策ですので、この性能にはこだわりたかったです。
遮熱効果は約-11℃。
測定方法は、こちらの商品ページの紹介文によると、
「日差しを想定したランプを照射して、一般的に起こりうる温度(35度を想定)の中で傘を使用していない時と使用している時の温度差を5分、10分、15分経過時の数値の平均を表しております」
だそうです。

実際の利用シーンでは、地面から反射する熱もあるので、頭周辺の温度はそこまで下がらないかと思いますが、他製品と比べても、遮熱効果に関してはトップクラスでした。

男性でも抵抗なく使えるデザイン

色はオフホワイト、ネイビー、ブラックの3色。

オフホワイトが良かったのですが、ちょっと目立つし、この色だけ遮熱効果が-8℃だったこと、ブラックは熱を吸収し過ぎて暑そうな感じがしたのと、見た目も暑苦しそうだったので、ネイビーにしました。

チェックの柄はどれも下地と近い色で目立たないし、変な飾り付けもなく、中高年男性でも無理なく使えるデザインだと思います。もちろん女性でも大丈夫。ていうかもともと女性向けブランドですね、これ。

折りたたみ式であること

通勤で使うにしても、休日に出かけた際に使うにしても、傘をずっと手に持っているというのはかなり厄介な状態です。折りたたんでバッグにしまえることが大前提です。

開閉が楽であること

折りたたみ式の日傘の中には、傘骨を手でポキポキ折らないと畳めないものもあります。これは驚きました。
使用するたびにそんなことしてられないので、そういうのは却下です。

軽量、コンパクトであること

外出時の荷物は極力減らすのがモットーです。
この製品は、ミニと謳っているだけあって、非常に軽量コンパクトです。持ち歩くのが苦になりません。
収納時のサイズは22.5cmで、小さなバッグにも無理なく入ります。なんだったらポケットに入るんじゃないでしょうか。重量は約200gと、スマホに充電器つけたくらいの重さです。

雨傘としても使えること

夏は急に雨が降ってきたりしますが、別途雨傘を持つのは荷物が増えるので避けたいところ。当然、雨傘としても使えることが求められます。

以上の条件をすべて満たしていたので、購入に踏み切りましたが、朝の通勤時はそんなに日差しが強くないし、帰りは夕方なので、普段の通勤には使いません。この傘を使うのはもっぱら休日のお出かけの時です。

同程度の機能の日傘の中には1万円以上するものもありますが、この製品は送料込みでも3千円切る程度でした。細かいところで違いもあるでしょうが、機能性を考えれば十分安い部類だと思います。

実際使ってみた感想

雨傘兼用のせいか、折りたたみ時に少しかさばります。綺麗に畳もうとすると時間もかかります。
とは言え、雨傘と違って濡れないので、適当に丸めてバッグに入れてしまえばいいので、そんなに気になりません。雨が降った時だけ付属のポーチに入れればいいだけ。

親骨の長さが49cmですので、かなり小ぶりです。基本的に頭周辺が守られればいいので、十分なサイズですが、急に降りだした時には多少心許ないかも。

あと、もうちょっと柄が長かったら良かった。コンパクトであるがゆえに仕方ないところではありますが、多少熱が篭るので、少し頭から離したいというのはあります。

気になるところはそれくらいで、あとは思った通り、よく熱を遮ってくれます。35℃くらいの炎天下の中を歩いてみましたが、安心感があります。これがなかったらちょっと危ないだろうなという直射日光も気になりません。

あと、日差しを遮るので眩しくないのが助かります。これは見落としていた利点ですね。
かく汗の量も格段に少ないし、思った以上に良い買い物でした。夏の間は手放せません。

ということで、無事日傘デビューできました。最初だけちょっと人目が気になりましたが、5分も歩いてるうちに気にならなくなりました。何しろ茹だるような炎天下です。周りの人もきっと、「なるほど、これだけ暑けりゃ男が日傘差してもおかしくないよな」と考えているだろうと、自然に思えてきます。

世の男性たちにも是非日傘デビューしていただき、男性向けの日傘がもっと出てきてくれることを願います。

楽天はこちら

広告を非表示にする