koji-xの小部屋

便利なもの、楽しい物、美味しいもの、人生を豊かにするものを紹介。Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

商品選びに時間がかかり過ぎなあなたに。買い物の生産性の上げ方。

スポンサーリンク

ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」を読んだこともあり、最近は生産性について考えることが多くなりました。

koji-x.hatenablog.jp

なので、普段の生活における生産性向上の具体案について、考えたことを書いてみます。

私がよく時間をかけてしまうのが、何か買うときや、サービスを検討するときです。延々とネットで検索して、口コミを見て、時間がとめどなくかかってしまう。

今回はデジカメを新調する際、どうしたら短い時間で選べるか、同著者の「自分のアタマで考えよう」を参考に、シミュレーションしてみようと思います。

意思決定のプロセスを決定しておく

デジカメの機能や性能のうち、どの要素がどうであれば購入するか、しないかの、意思決定のプロセスを、「情報を集めるより先に」考えておくことが大事です。最初にそのロジックを決定しておけば、必要な情報についてだけ調べればいいので、いたずらに調査に時間をかけずに済みます。

そのためには、自分が求めているものが何であるか、はっきりさせておく必要があります。それも超具体的にです。今回のデジカメの例で言えば、「もっと画質が良いやつが欲しいなー」とかでは全然足りません。

外での撮影には困ってないが、屋内で走り回る子供達を撮るのにいつも苦労する。。。

この場合、求めているものは、

  • 屋内でもブレずに明るく撮影したい
  • シャッターチャンスを逃したくない
  • 子供にいじられて壊されても、マジで凹まないで済む価格

これらをクリアした機種を購入する。していなければ購入しない。

という風に、明確にしておきます。

別の著者のとある著書にも「明確なアウトプットイメージを意識してから情報収集を始めること」とあります。

これが単に「キレイな写真が撮りたい」という判断基準だけだと、「頑張って一眼レフでも買ってみようか」、とかなりそうですが、まずレンズカバーを手で開ける手間があるので、シャッターチャンス逃しまくりです。散々調べた挙句、やっぱり使えない、ということになってしまいます。

ここで出てきた条件を満たすため、デジカメに必要な要素を割り出すと、

屋内でもブレずに明るく撮影したい。

  • 広角レンズであること(狭い屋内に向いてる)
  • レンズが明るい(f値が低い)こと(その分シャッタースピードを速く出来るのでブレない)

シャッターチャンスを逃したくない。

  • 軽量小型で、ポケットに余裕を持って入ること(すぐ出せる)
  • 起動時間が極力短いこと
  • オートフォーカス(AF)の時間が極力短いこと

といった感じでしょうか。価格は人それぞれなので割愛。私だったらまあ4万くらいまでですかね。

検索するときには「コンパクト デジカメ」とか、「レンズ 明るい」とかでリストアップし、各要素の数値を表に書き込んでいきます。

  • サイズ:200mmx150mmx20mm(大きめのポケットなら余裕)
  • レンズ:24mm(広角な部類)
  • F値:1.8(明るい部類)
  • 起動時間:0.5秒(まあまあ速い)
  • AF:0.05秒(超早い)
  • 価格:40,000円

各機種ごとにこんな感じの表を作っていきます。

これなら、間違っても一眼レフや、20倍ズームなんて機種について調べてしまうことはないはずです。

判断基準を絞る

デジカメも星の数ほどありますが、先程の条件をすべて満たすものは無いかもしれません。

こういうときは判断基準を明確にすることが大事です。筆者によれば、商品が多すぎるから迷うのではなく、判断基準が多すぎるから迷うということでした。そこで、判断基準に優先順位を付けます。最も重要な条件は何か、明確にするのです。これは難しいと思います。

例えば2つの機種で、条件を満たしていないものを消していくと

  • サイズ:200mmx150mmx20mm
  • レンズ:24mm(広角な部類)
  • F値:1.8(明るい部類)
  • 起動時間:0.5秒
  • AF:0.05秒
  • 価格:40,000円

と、

  • サイズ:200mmx150mmx20mm
  • レンズ:24mm(広角な部類)
  • F値:1.8(明るい部類)
  • 起動時間:0.5秒
  • AF:0.05秒
  • 価格:40,000円

になったとします。

上は広角が犠牲になり、下は明るさが犠牲になる。どちらの要素が重要か?

新型が出るまで待つという判断もあるかもしれませんが、子供の成長は待ってはくれません。

この場合、私ならレンズの明るさ(シャッター速度を上げられるのでブレにくい)を重視します。広角については、自分が少し離れれば対応できますが、明るさについては、動き回る子供を止めることは出来ないので(止めたら意味がないし)、自分では対応できません。より重視すべきは明るいレンズ、ということになります。

商品選びにこういったロジックを使えば、同程度の価格でより満足度の高い商品を、より短時間に選べ、買い物の生産性を上げることが出来るわけです。

こうして新しいデジカメを買うことが出来るのですが、まず子供がいない一人暮らしの私には時間の無駄でした。

「自分のアタマで考えよう」には、こういった具体例を伴った思考術がたくさん掲載されています。仕事だけではなく、生活の生産性を上げるためにもオススメです。

Amazonはこちら

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 楽天はこちら