koji-xの小部屋

便利なもの、楽しい物、美味しいもの、人生を豊かにするものを紹介。Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

最強の超望遠コンパクトデジカメ Canon PowerShot SX720 HS

スポンサーリンク

ドラマチックな写真を撮りたい!

カメラで撮影する時のテクニックに、圧縮効果というものがあります。被写体から離れてからズームして撮るだけなんですが、被写体と背景にあるものがギュッと縮まったように写って、倍率が高いほど(離れるほど)面白い効果が得られます。

また、人物(特に子供)の顔とかをアップにすると、実にドラマチックな画が撮れます。

すぐ目の前にある被写体を、一旦離れてからズームで撮る、それだけで写真が作品として仕上がってしまうお手軽テクニックなので、最近多用するようになりました。

現在所持している富士フイルムFinePix F900EXRは20倍ズームでしたので、これでも結構な圧縮効果が得られたのですが、手ブレが厳しいのが難点でした。そのFシリーズが現在打ち止めになっていることと、もっと極端な圧縮効果が欲しかったこともあり、さらなる高倍率カメラを購入することにしました。CANONPowerShot SX720 HSです。

特徴

このデジカメの最大の特徴は、ズーム倍率です。なんと光学40倍。恐らくこのサイズではこの倍率が限界でしょう。同サイズの他のメーカーのものは、30倍程度に収まっています。

すでに後継機種のSX730が発表されていますが、

くらいの違いで、基本性能は変わりません。

f:id:koji-x:20170514011302j:plain40倍ズーム時。鏡胴がやたら長い。

40倍というと手ブレが凄いことになりそうですが、補正が強力で、両手でしっかり構えれば意外なほどブレません。

特筆すべきは、USB充電に(ようやく)対応したことです。出先でもモバイルバッテリーで充電できることの安心感!ただ、充電しながらの撮影は出来ません。これはもう、ほんとに惜しい!

ついでに言うと、PCのUSB端子からの充電もできませんでした。データ転送モードになるだけ。もっともこれは、うちのPCの電圧の問題でしょう。スマホ用のUSB充電器や、モバイルバッテリーでは問題なく充電できているので。

あと、液晶がタッチパネル式でないのがちょっと残念。ボタン式だと、撮った写真を拡大して、素早く観たいところに合わせる、といった操作ができないんですよね。S120ではそのあたりスムーズに操作出来ていたし、オートフォーカスで上手くピントが合わないときも、タッチするだけで良かったんですよね。いずれ後継機種で解決されることを願います。

動画撮影中のズームはスムーズです。ズーム時の動作音も入りません。ただ、望遠時の手ブレには弱いようです。

流石に40倍時にはレンズが暗くなるので、明るい屋外での撮影がオススメです。屋外でも暗い場所だと、特に動く被写体にはピントが合いにくいです。

撮影結果

ということで、撮影した写真を解説していきます。すべてオートで撮影、三脚なし。レタッチなしの撮って出しです。

スズメ

f:id:koji-x:20170514105104j:plain40倍ズーム。ISO125。

3mくらいの位置から40倍で。毛並みまではっきり分かります。

f:id:koji-x:20170514105220j:plain40倍ズーム。ISO100。

5mくらいの位置から40倍。こちらも首の毛並みがモフモフしてるのが分かるくらいクッキリ!

この写真を姪っ子ちゃんに見せたら、「パパもこういうデジカメ買いなよ!」と強烈にオススメしておりました。

f:id:koji-x:20170514105127j:plain40倍ズーム。ISO800。

10mくらい離れてたと思います。この距離だと、全く警戒していないリラックスモードの猫ちゃんが楽勝で撮影できます。夕方だったのでISOが800まで上がってしまったのが残念。カメラを地面に置いて撮影。

鳥や猫など、逃げやすい生き物を撮影するときには、超望遠がモノをいいます。

ビールと海

f:id:koji-x:20170514105157j:plain20倍ズーム。ISO100。

美味そう!何かの広告に使えそうですねー。20倍ズームで撮影。

f:id:koji-x:20170514105038j:plainズームなし。ISO250。

このお花畑を、位置を変えながら望遠で撮ってみます。

f:id:koji-x:20170514104908j:plain15倍ズーム。ISO400。

望遠だと背景がキレイにボケてくれます。

f:id:koji-x:20170514104950j:plain40倍ズーム。ISO125。

f:id:koji-x:20170514105018j:plain 6倍ズーム。ISO320。

これは被写体の勝利ですな。

f:id:koji-x:20170514104931j:plain15倍ズーム。ISO80。

角度とズーム倍率を工夫すると、夢のようなお花畑が撮れます。

そして、月!

f:id:koji-x:20170514194621j:plain40倍ズーム。ISO125。

三脚なし!

歩道橋の手すりに肘を固定して撮影しましたが、流石にカメラを上に向けた状態で、被写体を画面中央に捉えるのは難しかったです。

以前、5倍ズームのデジカメにむりやり双眼鏡をくっつけて撮影した、スーパームーンのエントリはこちら。月の模様がなんとか判別できる感じです。

koji-x.hatenablog.jp

40倍ズームだと、更に質感が上がるというか、月がリアルに感じられます。

月撮影時に大活躍したのが、フレーミングアシスト機能。一時的に倍率を下げることによって、素早く被写体を捉えることが出来る機能です。これがまあ、

効果絶大!

月の周りには何もないので、一旦見失うと探すのが大変なのですが、ボタン一つですぐに見つけられるので大助かりでした。動き回る動物系を撮影するときにも必須でしょう。

ちょっと押しづらい位置にあるのが残念ですが、これは他のメーカーも追随しなきゃ、話しにならないんじゃないかな。

総評

これはもう間違いなくオススメです。ほんとに買って良かった。撮影してて楽しくてしょうがない。

旅行なんかに行かなくても、日常の何気ない風景をドラマチックに撮れる素晴らしいカメラです。

サイズも重量も、軽量小型のCanon S120なんかと比べるとかなりアップしていますが(それでもズボンのポケットには入ります)、撮影が面白いので苦にならないんです。というか外出するときはS120と2台持ちするようになりました。お店でパン・ケーキ撮ったり、綺麗な夜景を撮るときはS120、望遠を活かしたいときはSX720という風に使い分けています。

特筆すべきは操作の簡単さ。オートでも画質に不満は殆ど無いし、手ぶれ補正が強力なので、40倍ズームでも手持ちでガンガン撮れるんです。上の写真も、購入してからまだ2、3回目くらいの撮影のものばかり。

子供でも簡単に扱えるでしょうし、3万くらいで買えちゃうので、夏休みに野鳥の観察とかするのもいいかも。

唯一、猫ちゃんを撮ったときには、液晶モニターがチルト式のSX730の方が良かったかな?と感じました。

 Amazonはこちら

楽天はこちら

こちらが新型のSX730。

楽天はこちら

追加のエントリです。面白い写真が撮れてますよ。

koji-x.hatenablog.jp

koji-x.hatenablog.jp