koji-xの小部屋

便利なもの、楽しい物、美味しいもの、人生を豊かにするものを紹介。Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

2018/11/20(火) 新潟旅行 1/4日目

3泊4日の新潟旅行、旅日記です。

1回目

koji-x.hatenablog.jp

2018/11/20(火) 1日目

新潟旅行だー。

05:15 起床
05:45 家を出る

のハズが、目覚ましがちゃんと設定できてなくて、35分寝坊。5:50に起きる。まだ運が良かった。最後の最後、詰めが甘いんだよなあ。。。

5分で支度、2分でホームへ(駅まで歩いて5分)。早朝で車が少なかったのと、信号に助けられた。走ったおかげで気持ち悪くなった。しかも焦ってたおかげで、デジカメを忘れるという大失態。折り畳み傘も、前日乾かすために広げたまま忘れた。

新幹線乗るなら、電車一本早めで計画立てた上で、そのことを予定に明記すべきだなー。

目覚ましはアラームが鳴るのを確認すること。というか普段の設定を複製して作ること。

06:15 横浜発 東海道線

こんな時間から、普段と同じくらい混んでる。電車の中でもずーっと気持ち悪い。

06:40 東京着

横浜駅から定期Suicaで東京駅まで来た。そこからトクだ値のきっぷでもって、どうやって新幹線の改札をくぐるのか。まずトクだ値のきっぷを入れたあと、定期Suicaをタッチする。これで行けた。

初、新幹線構内!初、待合室!新幹線の待合室はちょっと憧れだった!時間があったらここで軽食とかもいいなー。

待合室では、赤ちゃんを抱っこしたお母さんが、バナナの皮をジップロックに入れてた。アイディアですなー。

ホームへのエスカレーターを上がる。顔がにやけてしょうがない。

ホームに上がると、バンっ!と、Maxとき。激写(スマホで)。カッコイイ!そしてデカい!

MaxときとMaxたにがわは2階建て新幹線。2階建ての電車に乗るのも人生初。

Maxとき

Maxとき。2階建て新幹線。

ちなみに2階建て新幹線は2020年度末で消滅。ご利用はお早めに。

07:00 東京発 Maxとき303号・新潟行 20番線発

車内はやっぱり特急独特の匂いが。苦手。

先頭座席の、左側3列の窓側に座る。先頭だが足元が広いわけではないし、むしろすぐ前が壁なので圧迫感がある。トレーもちっちゃいやつしかないので、三人で使うのはキツい。窓も真横しかない。最後尾が良かったかー。

窓側は人気で、真ん中はガラガラ。

荷物を載せる棚はすでに埋まっていたが、2列側の方はガラガラ。早めに乗って荷物を上げておいたほうがいい。今回は真ん中の席が空いてたので、そこに置く。

1階なので、遮蔽板が邪魔して景色が見えない。ほとんど空しか見えない。雲は多いが、いい天気。

200kmのスピード感はあまりないけど、グーグルマップではものすごいスピードで動いてる。

意外と騒音がデカい。

大宮で少し乗ってきた。

越後湯沢駅。紅葉は綺麗だったが、いかんせんスマホのカメラだときつい……。

いつの間にやら曇ってた。

新潟まで行く人はあまりいないようだ。途中で結構降りていく。

08:58 新潟着 東口改札

ちょっと写真撮ったりウロウロしたり。

新潟駅ビルCoCoLo東内、健康寿司海鮮家 CoCoLo東店で朝食。軽めに食べる。クーポンで5%オフで、1,500円しないくらい。まあまあ美味かったが、値段もそこそこするからなー。

09:25 駅ナカを観る

トイレはキレイだった。さすが新潟、トイレの手洗いの水が温水。

シャモニーという店のアイリッシュコーヒーが美味かった。

久保田とスノーピークのコラボ日本酒。面白い。

ぽんしゅ館で利き酒。5種類飲んで、美味かったのは一つだけ。おちょこ5杯は結構キツイ。

f:id:koji-x:20190702231258j:plain

ぽんしゅ館

 

f:id:koji-x:20190702231304j:plain

ぽんしゅ館

 

新潟は日本一美味しい飲むヨーグルトを作ってる、ヤスダヨーグルトの本拠地でもある。構内に直営店が出ているので、ここでソフトクリーム。ミルクの味がしっかり出てる。甘さ控えめ。まあ普通ではある。

f:id:koji-x:20190702231521j:plain

ヤスダヨーグルト

f:id:koji-x:20190702231548j:plain

牛さんが可愛い

折り畳み傘を忘れたので、マツキヨで傘を買う。余計な出費をしてしまった。

南口から出る。日が射してきてるけど雨がぱらついてる。

けやき通りは紅葉の見頃一歩手前。ライトアップもするようだ。

ジュンク堂で時間を潰す。

新潟に住んでる知人から、今週雨ばかりですみませんとメッセージが。笑。

12:50 送迎バス待ち

ちょっと場所が分かりづらい。ジュンク堂の前から見て、新潟駅側。

12:55 送迎バス発

ちょっと早めに出発。駅周辺は地元茨城の勝田駅に似てるが、少し離れると水戸の郊外に似てる。カーブドッチに近づくと、たぬき注意の標識が。

13:34 カーブドッチヴィネスパ着

f:id:koji-x:20190702232138j:plain

カーブドッチヴィネスパ

チェックインまで時間があるので、荷物を先に預ける。

予約内容
部屋タイプ:マロニエ
チェックイン予定時間:15:00
支払いは現地決算。現金またはクレジットカード。

13:40 薪小屋 自家製ビール&ハム・ソーセージのカジュアルレストラン 平日11:00-16:00

軽めに、と思ってが、そういえばランチはコース料理しかなかったんだった。
味はちょっと高級だけど、まあ普通。
地ビールはフルーティーで美味かった。
アイスコーヒーは、香りは弱いが、味は星乃珈琲に近いとこまでいってた。

平日の昼過ぎだが、人は結構入ってる。

f:id:koji-x:20190702231641j:plain

薪小屋

f:id:koji-x:20190702231725j:plain

自家製のビールを作ってる

f:id:koji-x:20190702231802j:plain

地ビール。美味し!

f:id:koji-x:20190702231757j:plain

美味し!

14:30 ぶらつく
15:10 カーブドッチヴィネスパ、チェックイン

対応してくれたスタッフの方は、気さくな方だった。横浜の南区出身の方だった。
晴れてきた!
送迎バスでずっと見えていた角田山が、部屋からすぐ目の前に見える。わりと迫力があっていい景色。紅葉が始まってる。聞いたところ、5箇所の登山口があって、中高年に人気の低山だそうだ。是非登りたい。

ウエルカムドリンクのスパークリングワインは、あんまり美味しくはない。ただクリスマスの時期ということもあって、華やかでいいサービスだと感じた。

ここのワイナリーで作っている辛口スパークリングワイン

ここのワイナリーで作っている辛口スパークリングワイン

リビング。広すぎてこっちをあまり使うことがなかった。。。

リビング。広すぎてこっちをあまり使うことがなかった。。。

テラスからの眺望。ぶどう畑と角田山。

テラスからの眺望。ぶどう畑と角田山。

寝室。天井が高くてベッドも快適。

寝室。天井が高くてベッドも快適。
15:30 部屋の中の写真撮ったり
16:00 外を散策

敷地内の中庭

敷地内の中庭

館内をうろつく猫ちゃん

館内をうろつく猫ちゃん

銀杏採取用の低木のイチョウ

銀杏採取用の低木のイチョウ

角田山に沈む夕日とぶどう畑

角田山に沈む夕日とぶどう畑

結婚式場

結婚式場

カーブドッチヴィネスパ、客室外観

カーブドッチヴィネスパ、客室外観

KAIHOLO。ハワイアンテイストのおしゃれなカフェ。

KAIHOLO。ハワイアンテイストのおしゃれなカフェ。

カーブドッチヴィネスパ、ロビー

カーブドッチヴィネスパ、ロビー

カーブドッチヴィネスパ、中庭。噴水が綺麗。

カーブドッチヴィネスパ、中庭。噴水が綺麗。

カーブドッチヴィネスパ、中庭。テーブルもあるので、ここでお茶するのもいいかも。

カーブドッチヴィネスパ、中庭。テーブルもあるので、ここでお茶するのもいいかも。
16:30 日没。館内探検
17:50 温泉 6:00~22:00

夜空を見上げながらの露天風呂は初めて。素晴らしい。月も明るく出てる。雲がちょうどいい具合に掛かって風情がある。ヒーリングBGMもいい感じ。一般客も来るはずなのに、人が少なくて、一時的に貸切状態にも。

19:00 部屋戻る

入室時に暖房入れてもらってたが、切っても問題なかった。

19:30 ガーデンレストランでディナー

おしゃれなレストラン。人も少なくて静かで雰囲気が良くて、とってもいい。
なんか、旅行してこんなおしゃれな店にいる自分を顧みると、ちょっとニヤけてしまう。

で、ここは本当に衝撃だった。料理がみんな、めちゃくちゃ美味く、しかも食べたことない味だから、味が例えられない。そんなのがわんさか出てくる。世の中にこんなに知らない味があるなんて。
食後のコーヒーも美味かった。奇をてらわず、香りも味も良い。世の中の意識高い系のスペシャリティコーヒーとかは、こういうのを見習えや。

お腹いっぱい。明日も来るけど、それとは別に絶対また来たい。
スタッフも丁寧で、でも気取らず。ちゃんと連泊で明日も来ることや、明日の朝、ワイナリーツアーに参加することも把握してる。素晴らしい。

ほんとに嬉しい。この店好き。カーブドッチ好き。

高級レストラン。遅い時間だったので客が少なかった。

高級レストラン。遅い時間だったので客が少なかった。

フレンチ、軽めのフルコース

フレンチ、軽めのフルコース

味がよくわからないのに全部美味し!

味がよくわからないのに全部美味し!

マハタのロースト。今まで食った魚料理の中でダントツで一番美味し!

マハタのロースト。今まで食った魚料理の中でダントツで一番美味し!

国産牛ほほ肉。この辺から腹いっぱいに。。。

国産牛ほほ肉。この辺から腹いっぱいに。。。

おしゃれなデザート。コーヒーの粉の上に乗ってる。美味し!

おしゃれなデザート。コーヒーの粉の上に乗ってる。美味し!

アルバリーニョの白ワイン。この時点でまだ市場に出回ってないレア物。美味し!

アルバリーニョの白ワイン。この時点でまだ市場に出回ってないレア物。美味し!

20:35

双眼鏡で月を見る。超キレイ。

21:00

腹ごなしに散歩。月がキレイで見上げてたら、同じ宿泊客の上品な感じの女性に声をかけられた。すごいな。ちょっと特別な宿に泊まってる物同士、シンパシーかな。

部屋戻る。

人生初ガウン。これなかなかいいな。

21:50くらいから、表でイッツアスモールワールドがかかり始めた。何かと思ったが、多分門限を知らせる合図だろう。これもなかなかいい。スタッフさんが最初に言っててくれるとなおいい。

22:00 就寝

ベッドが快適すぎる。寝具が全部気持ちいい。これ欲しい!部屋の温度とかも最適。天井高くてテンション上がって寝れない!寝室が十分広いから、リビングほとんど使わない^^;

旅行先でヤマノススメ聴くの最高。今後はちっちゃいスピーカー持ってくかー。

マジで全然眠れない。2時頃から雷が。

空調の音は結構気になる。部屋がでかいから仕方ないんだろうが。

双眼鏡だと、星が多く見える。

今日一日でいろいろあったなー。

 

新潟旅行と現美新幹線

新幹線に乗りたい

ずっと前から思ってたんですよ。ちゃんと新幹線に乗りたいって。旅行そのものにあまり興味がなかったせいで、修学旅行以外で新幹線に乗ったことがなかった。

みんな海外旅行とか行ってブイブイいわせてるのに、こっちは新幹線の改札のくぐり方も、チケットの買い方もわからない。

あの改札の向こうは、自分とは縁のない世界なんだなってずっと思ってた。

でも!

いい加減、40過ぎでそりゃまずいんじゃないかと。自分の世界を広げてみたいんだと。

そう思って、人生初の、自力で乗る新幹線の計画を立てることになりました。

Maxとき

こういうのに乗りたい

目的地を決める

さて、新幹線に関する知識が一切ないので、何から調べたらいいかさっぱりわかりません。チケットの買い方、改札のくぐり方、値段、予約、座席の種類、そもそも新幹線って、どこに行けるのか。。。

でも、前から一つ気になっていた新幹線があって、電車の広告に載っていた、現美新幹線。これは楽しそう!どうせ乗るならこういうのがいい。

で、この現美新幹線は上越新幹線だそうで、新潟に行くんですな。じゃあ新潟に行くか、そういえば知り合いが新潟に引っ越して、弥彦神社がパワースポットで良いとのこと。じゃあもうそこでいいなと、宿もほとんど決まって予約ボタンをポチる寸前まで行きました。

宿を決める

直前で、ふとGoogleマップで周辺を見たところ、カーブドッチワイナリーという、なんとも素敵な名前が飛び込んできました。どうもワイナリーを中心に、宿泊施設や温泉、雑貨屋さんやらレストランやらカフェやらと、私の大好物がギュッと詰め込まれたような、のんびりできそうなスポット。じゃもうここにしよう。ここでのんびりするのがメインでいいや。じゃあ2泊はしたいな。予算がびっくりするくらい跳ね上がったけど、まあいいや。6年ぶりの旅行だし。

次の宿を決める

せっかくの旅行なので、新潟市内をもっと観ておきたいし、日本海側なんだから魚も美味かろう。といことで、駅前にも宿をとって、そこを中心に見ていけばいいなと。

宿は安く済ませたいけど、あんまりショボいのもやだなーと思ってたら、ホテル日航新潟というのを見つけた。ここは客室が20階以上の高層階にあるので、さぞ夜景が綺麗だろうと。素泊まりも出来てお値段も良心的だったので、ここに決めた。

もう少し足を伸ばしたいということで、新発田駅の近くにある清水園も観ることに。

日程

ざっくりまとめると、

11月下旬に旅行

1~2日目:カーブドッチでのんびり。

3日目:ホテル日航新潟を拠点に、清水園散策、寿司を食べる。

4日目:現美新幹線

持ち物

  • 念の為、宿泊代を現金で持つ(カードが使えるが、泊まるところは超重要なので)
  • 保険証
  • 新幹線チケット
  • ANAホテルカード
  • チケットを入れたりするジップロック
  • ティッシュ、ウェットティッシュ
  • 双眼鏡
  • 3日分の着替え。部屋用の靴下。
  • 着替えを入れるビニール袋
  • ゴミ入れ用ビニール袋
  • 手ぬぐい
  • エコバッグ(お土産入れる用)
  • 服装:インナー、パーカー、ライトダウンジャケット、コート、手袋。最高気温が10度を下回ることも。
  • 行動食
  • カード類、suica
  • 消毒スプレー
  • モバイルバッテリー
  • イヤホン、イヤホン充電器
  • 充電器
  • お茶冷凍

忘れたやつ。。。

  • デジカメ一式(oh...)
  • 折りたたみ傘。雨が降りやすい。11月の新潟はまず晴れない。
  • タオル

次回からは旅の日記です。

 

「週末ワクワク化計画! - 時間家計簿 時間の見える化!(Weekend Fun Fun Plan!)」のプライバシーポリシー

情報収集モジュール

このアプリでは、広告配信を目的として以下の広告配信事業者がご利用者の情報を自動取得する場合があります。取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、以下の広告配信事業者のアプリケーション・プライバシーポリシーのリンクよりご確認ください。

AdMob(Google Inc.)

http://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/

「簡単タイマー - キッチンタイマー(Simple timer- kitchen timer)」のプライバシーポリシー

情報収集モジュール

このアプリでは、広告配信を目的として以下の広告配信事業者がご利用者の情報を自動取得する場合があります。取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、以下の広告配信事業者のアプリケーション・プライバシーポリシーのリンクよりご確認ください。

AdMob(Google Inc.)

http://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/

「単価比較 - 買い物上手!(Compare Unit Price - Shopping!)」のプライバシーポリシー

情報収集モジュール

このアプリでは、広告配信を目的として以下の広告配信事業者がご利用者の情報を自動取得する場合があります。取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、以下の広告配信事業者のアプリケーション・プライバシーポリシーのリンクよりご確認ください。

AdMob(Google Inc.)

http://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/

カモメを至近距離から超ドアップで撮影。スゴイ写真が撮れた。

先日、みなとみらいで屋形船に乗る機会がありました。

船に並飛行して、カモメの大群が餌目当てでついて来るので、愛用のPowerShot G7 X Mark II(以下G7XII)で撮影してきました。3,100枚ほど。

koji-x.hatenablog.jp

クルーズは1時間半程度ですが、食事が終わる頃には子供達がこぞってカモメたちに餌をやり始めます。

そのおかげでカモメたちが船の窓際すぐそこまで来てくれる上、並飛行してくれるから相対的に止まってるので、撮影は楽勝だろうと思ってましたが、甘かった。餌を巡って縦横無尽に猛スピードで飛び回るので、まずピントが合わない。画面内に捉えるのも難しい。G7XIIは秒間8枚の連射ができますが、ピントが合わない状態では何枚撮影しても同じ。

とにかく必死に食らいついて、3,100枚中、残せたのは500枚程度。さらに厳選して100枚弱くらい。動物モノは難しいですね。。。

しかしその甲斐あって、大迫力の写真が何枚も撮れて、大変満足のいく撮影になりました。このカメラはマジで凄い。

それではカモメさんたちの勇姿をご覧ください!

写真はすべて撮って出し(一枚だけトリミング)です。

f:id:koji-x:20180303130030j:plain

f:id:koji-x:20180303130133j:plainクイーンズスクエアをバックに。

f:id:koji-x:20180303130200j:plain餌をくわえた瞬間。

f:id:koji-x:20180303130240j:plainベストショット!

f:id:koji-x:20180303130321j:plain珍しいアングル。

f:id:koji-x:20180303130605j:plainベイブリッジをバックに。

f:id:koji-x:20180303130634j:plain迫力のドアップ。透き通った尾羽が美しい!体毛のモフモフ感もよく出ていますね。

f:id:koji-x:20180303131545j:plain羽ばたきを捉えた一瞬。

f:id:koji-x:20180303131600j:plain神々しいお姿。

f:id:koji-x:20180303131615j:plain餌に食らいつく一瞬。

f:id:koji-x:20180303131756j:plain餌をめぐる激しい空中戦。

f:id:koji-x:20180303132200j:plain器用にくわえていきます。高速連写が捉えた一瞬の出来事。

f:id:koji-x:20180303132211j:plain枝豆の皮をガン見(※餌じゃないので食べません)。

f:id:koji-x:20180303133447j:plainシャッター速度1/1000秒。空中に静止しているかのよう。

f:id:koji-x:20180303133501j:plain真下から見ると泳いでるみたい。

f:id:koji-x:20180303133526j:plainしっかりと広げた羽根のグラデーションが美しい。

f:id:koji-x:20180303133532j:plainモフモフ。

f:id:koji-x:20180303133550j:plainみなとみらいの景色がよく似合う。

f:id:koji-x:20180303133601j:plain絵になりますなー。

f:id:koji-x:20180303133616j:plain船の舳先で休憩。

f:id:koji-x:20180303133625j:plainインターコンチネンタルって、翼の形にも似てる。

f:id:koji-x:20180303142832j:plain逆光で羽根が透けて綺麗。

f:id:koji-x:20180303142854j:plainかっちょいい!

f:id:koji-x:20180303142904j:plain羽根が綺麗に撮れた一枚。

f:id:koji-x:20180303142927j:plain船の屋根で休憩。

f:id:koji-x:20180303142942j:plain決まってますねー。

f:id:koji-x:20180303142957j:plain屋根越しにベイブリッジを臨む。

f:id:koji-x:20180303143009j:plain真下、真正面から。

f:id:koji-x:20180303143019j:plain優雅に羽根を広げるお姿。

f:id:koji-x:20180303143033j:plain巡視船、しきしまをバックに。

f:id:koji-x:20180303143042j:plain超ドアップ!尾羽のふわふわ感がハンパない。

f:id:koji-x:20180303143058j:plain尾羽に注目!羽根の繊維まで見える!飛行中とは思えない。

f:id:koji-x:20180303143110j:plainもはやファンタジー。

ということでお届けしてまいりました。カモメさん達の勇姿。

今回利用した屋形船は「すずよし」さん。お世話になりましたm(_ _)m

3,000枚以上撮影したので、整理するのに1ヶ月以上かかりました。フラッシュバックでカモメの姿が出てくるようになったときは流石にどうしたものかと思いましたが、なんとかブログにアップするとこまで漕ぎ着けられてホッとしてます。

高速連写、4.2倍ズーム 、1インチセンサーのお陰で撮れた、高画質、大迫力の写真の数々。大変良い買い物でした。

冬のマストアイテム!ユニクロのシームレスダウンロングコート

www.uniqlo.com

去年購入したもので、最も有意義なお金の使い方だったものの一つが、ユニクロのシームレスダウンロングコート。まさにベストバイでした。(もう一つはPowerShot G7 X Mark II)。

koji-x.hatenablog.jp

それまでは、同じくユニクロで5年前に購入したウルトラライトダウンのコートを着ていました。軽いしラフに扱ってもいいし、楽だったのですが、都内の1~2月の本格的な寒さにはちょっと頼りなく。

防寒重視で、でも出来るだけ軽いものを、ということで、去年の11月末にオンラインで購入。縫い目がないので風雨に強く、羽毛が出にくいのがウリです。

あまりにも素晴らしい製品だったので、2ヶ月着た感想をもとにご紹介します。

ちなみにこのシームレスダウンロングコートはユニクロのオンライン限定商品です。丈が腰までの長さのものは店舗でも販売しています。

首元が寒くない!

このコート、素材がしっかりしています。ユニクロのライトダウン系のコートは、大抵ペラペラで、ツルツルした素材なんですが、これは割とがっしりした感じで、持ってもフニャッとしません。

さらに首周りのガードが顎のあたりまで伸びています。前述の通り、これがフニャッとせず、しっかり立ってくれるので、首元から入る風をシャットアウト。そのため、首元が寒くなりません(多少肩をすくめる必要あり。ほんのちょっと)。

私は首がチクチクするのと、外出時に持ち歩くものが増えるのが嫌でマフラーをしないので、これは大変ありがたいです。

今まで肩を思いっきりすくめて歩いていたため、ちょっと歩くと肩がすごく疲れていたのですが、このコートに換えてからは、とっても楽になりました。

風に強い!

素材がしっかりしているので、守られてる感があります。特に風が強い時に強く感じます。「縫い目なしで雨も雪も風も通さない!」ということですが、前述の首周りだけでなく、あらゆる箇所からの風を防いでくれます。

フロントには首周りから膝まで前立てが付いていて、風と冷気を防ぎます。

手首の部分にはリブ(ゴム編みで伸びるやつ)が付いていて、袖口から入る風もシャットアウト。これはかなり効果があります。

さらに、ポケットの中もフリース素材で、柔らかくて暖かい。ポケットに手を入れたらもう手袋いりません(入れたまま歩くのはオススメはしませんが)。

フードも当然付いていて、紐を引っ張るとギュッと首元から絞められます。これはめちゃくちゃ暖かい。ていうか暑い。耳が痛くなるような寒さのときも、これで全然大丈夫。顔が寒くないのはありがたい。先日(1月下旬)の寒波のときも大活躍でした。歩いていると暑くなって、途中で脱いじゃったくらいです。

膝まで暖かい!

ロングコートのため、膝のあたりまで覆ってくれます。これがまた暖かい。特に駅のホームで待ってるときとか、立ち止まってるときには本当に助かります。

また、膝まであるので、外のベンチに座った時の冷たさもある程度防げます。

しかもフロントのジッパーは腰のあたりまでで終わっていて、その下から膝まではボタンで留める形なので、しゃがんだりするときはボタンを外せば動きを妨げません。よく考えられてます。

羽毛が出にくい!

シームレス(縫い目がほとんどない)のため、羽毛が出にくいのがウリの一つですが、実際に、以前着ていたウルトラライトダウンのコートに比べ、明らかに出にくくなっています。着用し始めてから2ヶ月ですが、今のところ1本だけちっちゃいのが出ただけでした。これも地味に嬉しいポイント。

トータルで軽い!

ウルトラライトダウン系のコートに比べ、やはり重さはあります。が、ジャケットやベストを着なくても寒さ的に問題なくなったので、全体の重量はむしろ軽くなりました。しかも着るものが減った分(特にジャケット)、動きやすくなり、それでも今までより暖かい。もう完璧です!

質感が高い!

ウルトラライトダウンに比べがっしりした作りで、表面の質感も高く、安っぽくならないのがいいところ。

正直、ライトダウン系のツルツルした感じはちょっと安っぽいなーっと思っていましたが、これならどこに着ていっても恥ずかしくありません。

超オススメ

私は横浜から東京都内へ通勤していますが、先日の寒波の時までは、Yシャツの上に直接このコートを着て通勤していました。以前着ていたウルトラライトダウンコートのときは、中にジャケットと厚めのベストを着ていましたが、それと同じくらいの暖かさでした。

さすがにサイズに関しては膝まであるロングコートなので、店で脱いだりするときはちょっと面倒です。でもほんとにデメリットはそれくらい。

去年の11月末に購入したときは、オンライン限定のセールで14,900円(+税)。ユニクロにしちゃ高いなーと思っていましたが、全然高くなかったです。これだけの価値がそんな価格で手に入るなんて!

これがダメになったときは、必ずや同じシリーズをリピすることでしょう。

本当に素晴らしい買い物でした。